公開履歴

血圧は人によって数値が違うように、人間以外の動物にも差がかなりあります。
特にキリンは、動物園には必ずいる人気の動物ですが、高血圧としても有名な動物です。
では、キリンの血圧はどのくらいかというと、最高血圧は平均260、最低血圧が平均160となっています。
人間の最高血圧は平均120、最低血圧が80となっていますから、人間に比べるとキリンの血圧はかなり高いということがいえます。
なぜ、キリンは人間と比べると高血圧なのかというと、心臓から脳までの高低差があるということが挙げられます。
このおかげで、高いところにあるほかの動物が食べることができない餌を食べることができます。
どのくらいの長さがあるのかというと、キリンの心臓から脳までの長さは2メートルあり、人間とはかなり差があります。
ですから、脳まで血流を押し上げる必要があるため、必然的に血圧が高くなってきます。
また、キリンの首の血管には弁がついていて、血液が逆流を防いでいて、安定して脳に血液を供給しています。
しかし、これだけの血圧でどうしてめまいが起こったり、ふらつきが起こったりしないのかというと、キリンの高等部には網目状の毛細血管が張り巡らされていますが、その毛細血管が血圧の変化を吸収することになっていますから、万が一血圧の変化があったとしても、立ちくらみがしてふらふらしてしまう恐れはなくなります。
ですから、キリンがいくら高血圧だからといって、めまいや立ちくらみが起こるわけではないということがいえます。
このような点は、人間の場合と比較することはできません。
もしも、キリンの血圧を人間に当てはめてしまうと、めまいなどの症状が起きて、危険な状態になってしまうということになります。